新卒の就活がうまくいかなかった話

新卒の時の就活がなかなか決まらず苦労しました。
当時はどこが悪いのかも分からず、手探りで就活を行っており、半ば自暴自棄になり軽い気持ちで受けた会社もありました。

今思えば、就職してからどういう仕事に携わるのかをよく分かっていなかったため、
自己アピールがうまく企業に響かなかったり、企業側から見たら志望理由もふわふわとしたものだったかなと思います。
特に新卒ということは、社会に出て働くということがどういうことか分かっていないので、
企業研究だったり実際に働いている人から話を聞いたりということをもっと取り組むべきだったと思います。

結局、私は卒業後に正社員として就職が決まり、そこからがまた辛かったのですが、初めて勤めた会社で鍛えられたと思います。
その後、何度か転職も経験しましたが、最初に勤めた会社のおかげでたくましくなったと思いますし、
その時の経験があったからこそ今の私に繋がっていると思えるので、在学中には決まらなかったけれども結果的に良い経験になったと思います。