無職30代からの苦労した転職活動

30代になる前は契約社員で働いていました。
この頃は休みにくい会社に勤めていたということもあってなかなか会社を休んで面接や転職活動がとてもやりにくく、
休んだとしても誰かに代わりに自分の業務を任せることになるので凄く嫌な顔をされます。

歳を重ねると転職はとても苦労するし、休むと誰かに迷惑などかかるので残っている有給を使っていて自己都合で退職することにしました。
辞めた時は、有給が30日程残っていましたので毎日就職活動に専念したらすぐに内定が貰えるものだと思っていました。
ハローワークに失業の手続きを最初にしに行って求人検索や職員の方立ちに相談など行いました。

ハローワークは家でも求人を毎日見ていましたが受けてみようと思える求人は殆どなく、インターネットでの求人サイトも同時に見ていました。
そのネットでいいなあと思った会社にエントリーしたら面接にお越し下さいとメールが来て直ぐに面接に行きました。
面接では中途採用ということもあって会社側は慎重になっていたのとまた辞めるんですかなども言われて
あまりいい印象をもらいませんでしたが採用されて今も必死に働けて良かったです。